審美歯科

見た目をよくする治療法の中で、歯の色を変えて美しい白い歯を手に入れる方法をご紹介します。

症例

1.ポーセレン・ラミネートベニア

歯の表面をわずかに削り、型取りを行い歯を作っていきます。
歯の周りを全部削らないので歯のダメージが少なく、見た目を良くすることができます。

ポーセレン・ラミネートベニア before ポーセレン・ラミネートベニア after
before   after
    ※真ん中2本がポーセレン・ラミネートベニアです。

2.セラミック・クラウン

セラミックの冠をかぶせる方法です。かぶせる方式なので削る量が多くなりますが、機能的に優れた方法であり、また、歯同士をつなぐことができるという利点もあります。

セラミック・クラウン before セラミック・クラウン after
before   after

3.ホワイトニング(歯の漂白)

削らずに自分の歯をより白くしたい場合に用いる方法です。ホワイトニング剤を塗布した専用マウスピースを装着してもらいます。通常、1日2~4時間を2~4週間続けます。
※この方法は、患者さん自身の歯を漂白するため個人差があります。

マウスピース ホワイトニング剤
マウスピース ホワイトニング剤

歯面清掃

歯の変色の種類には
   1:歯の表面の付着物(タバコのヤニや茶渋のようなもの)
   2:歯の神経が死んだための変色
   3:加齢的変色
   4:乳幼児のある種の投薬(抗生物質等)による変色

があります。

1は歯の表面に付着した汚れが原因で、2、3、4は歯の色そのものが変わってしまっている(色素沈着)のものです。
1は歯面清掃により汚れが落ちますが、2、3、4色は落ちません。そのためホワイトニングにより歯を白くするのです。