一般歯科

一般的な虫歯治療から根管治療・小児歯科までトータル的に歯の健康を考えます。

根管治療とは

進行した虫歯に対しての治療で、可能な限り歯を抜かず、歯の中の掃除をして、もう一度使えるようにする治療方法です。

歯は、表面状からエナメル質・象牙質・神経の部屋からの3構造で、できています。
虫歯菌が神経の部屋まで進むと強い痛みが生じてきます。
そうなると、歯の中の掃除が必要になります。

正常な歯 象牙質まで進んだ虫歯 虫歯が神経の部屋まで達し、根の先端にある骨まで進んだ虫歯
正常な歯
A:エナメル質 B:象牙質
C:神経部
象牙質まで進んだ虫歯 虫歯が神経の部屋まで達し、
歯を超えて骨まで進んだ虫歯

この状態になった虫歯を治療するのが根管治療(歯内療法)です。

治療の流れ

まず虫歯をきれいにとります。 次に汚れた歯の中をきれいにして、根の先の膿を排出していきます。 次に汚れた歯の中をきれいにして、根の先の膿を排出していきます。
まず虫歯をきれいにとります。   次に汚れた歯の中をきれいにして、歯の中を消毒していきます。
そして歯の中がきれいになってから、歯の中に薬を入れて根管治療は終了します。 歯冠部の削除量が少なければツメモノをするような状態で修復することができます。 歯冠部の削除量が大きい場合はクラウン(かぶせるタイプの修復物)によって歯冠部を再現します。
  そして歯の中がきれいになってから、歯の中に薬を入れて根管治療は終了します。   歯冠部の削除量が少なければツメモノをするような状態で修復することができます。   歯冠部の削除量が大きい場合はクラウン(かぶせるタイプの修復物)によって歯冠部を再現します。

※時には、治療後噛むと痛みがでたり、腫れる場合があります。しかし、治療とともに徐々に症状は落ち着いてくると思われますのでご安心ください。

虫歯は小さいうちに治療すれば、痛みもかなり軽減され時間や回数のかかる処置も回避することができます。
そのため、小さい虫歯を見つけるのに、お口の定期検診は大変重要になります。
虫歯になりにくくするための方法として、

1:ブラッシング
2:フッ素塗布

が、あります。詳しくは医院までご相談ください。