歯周病治療

歯周病とは

歯周病は、歯周病菌により引き起こされる感染症です。歯周病菌は、プラーク・歯石を足場として歯ぐきや骨を支える骨に炎症を起こします。症状としては、出血・腫れ、進行すると痛み・歯のぐらつきなどが見られ、最終的には歯を支えている骨が溶けてしまい歯を失ってしまうことになります。

歯周病の進み方

食物残渣(食べかす)が歯ぐきの間に付着します。

食物残渣(食べかす)が歯ぐきの間に付着します。

磨き残してしまうとそこに歯周病菌が繁殖し、プラークとなり歯ぐきの炎症を引き起こします。

磨き残してしまうとそこに歯周病菌が繁殖し、プラークとなり歯ぐきの炎症を引き起こします。

炎症が進むと歯から歯ぐきがはがれていきます。

炎症が進むと歯から歯ぐきがはがれていきます。
また、プラークは時間が経つと石灰化し歯石となりブラッシングでは取り除けなくなります。

さらに炎症が進むと歯を支えている骨が溶けていき歯がぐらついてきます。

さらに炎症が進むと歯を支えている骨が溶けていき歯がぐらついてくる可能性が高まります。

歯周病が原因で抜けてしまった歯を見ると、根の先まで歯石が付着してしまっています。

歯周病が原因で抜けてしまった歯を見ると、根の先まで歯石が付着してしまっています。

治療法

プラーク・歯石を徹底的に取り除き炎症のコントロールを行います。

これは、
  1:歯表面のクリーニング
  2:歯と歯ぐきの間に深く入り込んだ歯石の除去と段階を踏んで進めていきます。

歯周病の状態により、
  3:外科的な治療に進む場合もあります。

また、歯に必要以上の力が加わらないように噛み合わせのコントロールも行っていきます。
歯周病の改善には、患者さんのプラークコントロールが非常に重要となってくるのでブラッシング指導も行っていきます。

歯周病とたばこの関係

歯周病と喫煙の関係は密接であり、多くの研究により喫煙は歯周病のリスクを高める最も大きな要因の一つであることが明らかにされています。喫煙者は非喫煙者に比べ、歯と歯ぐきの間により深いポケットが形成され歯を支える骨と組織をより多く失うとされています。また、喫煙に次いで、糖尿病・HIV感染症・骨粗しょう症・ストレスなどが歯周病のリスクを高める要因として挙げられています。

歯周病と全身の健康

先に述べた歯周病と喫煙との関係とは逆に歯周病が全身の健康に与える影響も明らかとされています。歯周病患者はそうでない人と比べ、心疾患(冠状動脈疾患)を持つ割合が2倍高いことがわかっています。同じように、歯周病に罹患した妊婦が早期に低体重児を出産する割合は7倍であり、また、呼吸器疾患のリスクを高めることも明らかとされています。

このように、歯周病は以前に知られていたよりもずっと健康に対して脅威的であることが解りました。もし、あなたがこれらにお心当たりがあるようであれば是非一度歯周病の検査を受けることをお勧めします。